我が家の大切な掛け時計
  HOME
  いくつあるの
  ことわざ
  腕時計
  砂時計
  電波時計
  置き時計
  静音時計
 我が家の大切な掛け時計

子供の頃、私の家のダイニングキッチンには壁にこげ茶の掛け時計がありました。
振り子の“カチカチ”が心に残っています。

ちょうどの時間には、時間の数だけ”ボーン、ボーン”と聞こえてきました。
1人で留守番の時などは、”カチカチ”と”ボーンボーン”が、寂しさを一層強めていました。
早く母や兄が帰ってこないかなーと、じっと見つめていましたし、長針が少し動くと心もちょっとだけ暖かくなってきたのを思い出します。

長針が6の所まで来るとお兄ちゃんが帰ってくる。
12の所まで来るとお母さんが帰ってくると、子供ながらに待ち遠しかったですね。

また、夏休みのラジオ体操の時も、掛け時計の音が一つ鳴ったら集合場所に駆け出していきました。

朝ご飯も、お昼ご飯も、夕飯も、すべてこの柱時計が我が家の指揮者です。
おやつは、きっちり3時です。

私が母に早くおやつが欲しいというと、必ず母は、鐘が3つ鳴ったらねと、言っていました。

また、これで時間を読む練習をしたのも覚えています。
短い針、長い針の動きがうまく理解できなくて苦労しましたが、覚えてしまえば大得意です。

これは、私が高校に進学するまでキッチンにありましたが、ある日突然、お洒落な掛け時計に変っていました。
もう、自分自身も成長していましたので興味もなく、あのゼンマイ式がどうなったのかも聞きませんでした。

今思えば、あの懐かしい物が家にあれば、どんな事をしても修理をして、あの子供頃のように家のダイニングに掛け時計を置いたと思います。

私の子供には、鳩時計の掛け時計を購入しました。
時を告げる時に鳩が飛び出して鳴く様子は、子供の心にはどんな感じでうつっていたのなのでしょう。

少し煩く感じたこともありましたが、あの鳴き声がすると、子供はじっと見つめていましたから、漠然と時というものを知り始めたかもしれません。

私の子供も、どうも時間を読むのが苦手でした。
私の幼少期よりひどい様です。
何度教えても理解できず、私の方が根負けしてしまいギブアップとなりました。

この子は一生時間が読めないかもと、母として悲観しましたが、私が教えるのを辞めてからすぐに自然に理解するようになりました。
教える必要がなかったということです!!

柱時計は、我が家にとって色んな意味で思い出深く、そして子供の成長にかかせない大切な物でした。

 
 新しい情報
最近、うちの娘が看護学校の実習で一週間ごとに違う病院にいっているんですが、相当大変みたいで、帰ってくるとレポートをカリカリとずいぶん遅くまで書いています。で、二時間くらい寝てまた起きて、朝の6時くらいまで調べ物をしたりしながらノートにまとめています。本当に大変そうです。あれを見ていると応援したいのと、心配なのと両方です。で、その娘が先日実習に行くのに腕時計がないないって騒ぎ出し、探してもないので、近所の方にお願いして貸してもらって急いで行き、何とかなったんですが、本当になんで前の日に準備しておかないのかと叱りました。実習に遅刻をしても忘れ物をしても、実習先はその日受けれてくれないから気をつけるようにって先生からあれほど注意されていたのに、本当に、どういうつもりなんでしょう。で、かえってすぐにお借りした時計はお礼を言って返し、探してもないので、新しい腕時計を買いに行きました。時計屋さんで娘が、腕時計を選んでいるうちに私は店内にあるほかの時計を見ていました。掛け時計もとてもおしゃれなものが多くて、これ欲しいなっていう物がいろいろあって目移りしてしまいました。今回は娘の腕時計を買いに来ただけなので、早々に撤去しましたが、またちょっと掛け時計も見に来たいなってお店でした。素敵だなって思ったのが、ディズニーの掛け時計だったのですが、その時計がちょうど、音楽と同時に中にいるミッキー&ミニーがくるくると回って近づいてキスをするところだったので、見とれてしまいました。あの時計をプレゼントしたらきっと喜ぶだろうなって思いました。で、終わると、手前の文字版が上下から降りてきて、普通の時計に戻ったんです。このからくり面白い!って思っちゃいました。

桂由美さんといえば、日本のブライダルファッション界の第一人者です。ファッションにうとい私でもこの方の顔と名前はよく知っているので、女性としては、この方のデザインのウェディングドレス レンタルできたらちょっとうれしいですね。世界20カ国以上の首都でショーを行ってきているというのですから、すごいですね。1964年に日本で初のブライダル総合専門店を赤坂に開きました。そこからとどまることを知らず、世界に向かって次々と発展していき、世界に庵をとどろかせている女性となりました。世界が認めた日本人女性100人の一人にも選ばれています。きっと仕事柄、世界中の美女やモデルをみてきているんでしょうね。美の追求の最先端を行かれているんでしょう。まだまだこれからも活躍していかれるんでしょうね。こんなパワフルな女性って、きっとずっと若々しくいられるような気がします。彼女がテレビや写真に出ていると必ず、ターバンをつけていますがなぜ??って思ってましたが、ある説?によると、仕事が忙しくて髪の毛を気にしている時間がないからだそうで、特注で作っているそうです。妙に納得してしまいましたが、見た目のインパクトが強いですよね〜。普段、普通の格好で道を歩いておられてもきっと分からなくて、どこにでもいるおばちゃんだって思ってしまいそうです。山田優さんといえば、最近も活躍している芸能人ですが、2004年桂由美のブランドモデルになり、パリコレデビューしています。素敵な女性ですね。彼女は、刺繍が大好きで集中していると何も考えないで、リラックスして出来るから好きなんだそうです。で、ストレス発散も大切なことだそうです。やはり、芸能界で生きていくには、強い精神力が求められるんでしょうね。思いっきり夜になくそうです。その為に音楽を聴いて感情を発散させるそうです。華やかな世界で生きている女性たちには大きなストレスがかかりますから、それを上手に発散してお客さんには最高のえがをで現れるんですね。桂由美さんも山田優さんも、素敵な女性だと思います。

2013年3月27日、銀座の春のパレード『GINZA 花道』に参列して、歌舞伎座新開場記念パレードが銀座で行われ、雨の中でしたが、集まった沿道の観客に手を振る市川海老蔵さん、市川猿之助さん、その他、総勢63人の歌舞伎俳優を含む関係者が観客に手を振ってねり歩きました。市川海老蔵さんは妻の小林麻央さんが22日に二人目のお子さん、男の子を出産されてます。一人目が女の子だったので、待ち望んでいた跡継ぎも出来、安心ですね。歌舞伎俳優の年収ってどのくらいなんでしょう。ちょっとちょっと、すごいですよ!!年収4000万円〜9000万円ですって!ちょっとサラリーマンとは違いすぎです。市川海老蔵さんは今まで多かった年で、月収2000万円、年収2億円も稼いでいた時があるようですよ。そんなに稼いでいたら、奥さんは、エルメス バーキンだって持てる訳ですよ。生まれながらのサラブレットっているんですね。で、顔も端正なので、テレビ出演も引っ張りだこ。こんな強運?を生まれながらにして持っている人っているんですね。それにしても、ひとめでいいからひいきの実物の歌舞伎俳優さんを見たいって思われている方の多さにビックリです。歌舞伎俳優になるには、歌舞伎役者の家系でないとなれないので、歌舞伎役者の嫁になるという事の一番大きな仕事は、男の子を出産するということだそうです。跡継ぎを残す事が大切な役目になってくるわけです。歌舞伎といえば日本古来の演芸ですが、特殊な仕事のせいか、収入も多く、一般庶民の生活とは全然違ってきてしまいますね。隠し子が発覚した時も、やっぱり住む世界が違うなって思いました。ただ、実際に舞台に立って演技をしている姿は、存在感があるらしいです。何かひとつすばらしいものを持っていると、後の大抵の事は許されてしまうものなんでしょうか。

結婚式のブーケに生花でなくて、プリザーブドフラワーを使って作ったブーケがあることを知りました。バラが敷き詰められていましたが、種類がたくさんあって、色も白とピンクとか、赤とか一色ではなく2色から5色くらいまでいろいろ入っていて、素敵でしたよ。私が色の配色で好きだなって思ったのは、白とオフホワイトとベージュと淡いオレンジです。ホワンとしていてなんか心地いいです。そして、ホワイトと、淡いピンク、そして、それよりちょっと濃いピンクが入ったもの。これもとっても可愛かったです。プリザーブドフラワー 通販でいろんなタイプのものを見かけますが、プリザーブドフラワーは枯れないっていうのと、見た目が生花にしか見えないって言うのが、利点です。造花は近くで見れば、どうしても見た目で分かってしまいますが、プリザーブドフラワーはまじかで、マジマジと見ても生花にしか見えないんです。この差は大きいですよ。やはり、生花が一番いいですが、生花だと世話がいりますよね。そして、そんなにもちませんし、枯れると花びらが落ちたりして汚れます。その点、造花と生花のいい面だけをミックスしたのが、プリザーブドフラワーで、今、人気が高くなっていっているんですよね。花といえば、今の季節だと、ちょうどチューリップですが、有名な所に見に行ったら、とっても綺麗でした。チューリップの花といっても、こんなに種類があるんだなって思いました。本当に色だけではなく、花の形も違うんです。

写真をデジカメでとるようになってから、パソコンの中には、写真がたくさん集まるようになって来ました。で、CDに焼いて保存するので、過去の写真がアルバムのように棚に並んでいます。だんだんとパソコンデスク周りも関係のもので、ごちゃごちゃになってきたので、整理しなきゃと思っています。そう思っていた矢先にパソコンが壊れて、現在パソコン 修理中で、デスクの上はすっきり。なんだかポカーンと穴が開いたように寂しいですね。で、整理しようと思って、いろんな工夫をして、パソコンがないうちにいろいろと配置換えをしているんですが、バインダークリップで、ちょっと工夫をして、配線をまとめることができたので、紹介します。パソコンデスクのはしにバインダークリップをいくつかはさんでいるんですが、これは、クリップの置き場として並んでいるんじゃないんです。これね、ちょうど、コンセントを引っ掛けるみたいに、クリップの銀色の先端部分にコードの先を通しておくんです。そうするとすっと伸ばして差し込んで、使わないときは、外してこのクリップのところで並べておいたりと使いやすいんですよ。コードってぐちゃぐちゃになりやすいですからね。そして、床が掃除しやすいように、100円均一で、ワイヤーラックを買ってきて、ワイヤーラックのかごをラックにいくつかかけて、その中に周辺機器を入れています。下にジカ置きしない事が、掃除をしやすいことにつながるので。ちょっとした工夫でほこりが溜まりやすいパソコン周りもスッキリしますよ。ドリンククリップって言うものを雑貨屋さんで見て、ひらめいて、さっきのバインダークリップみたいにいくつかクリップをテーブルに挟んで、使っています。何もコップだけ入れなきゃいけないってことがあるわけではないですから、このホルダーに、アイフォンの充電器のコードを通して、ホルダーに立てかけたまま充電したりもしています。

結婚して子供が出来てから会社を辞めて、ずっと専業主婦をして来ましたが、子供が幼稚園に入るあたりから、周りのお母さん達が、パートで働き始めて、昼間、一緒にランチをする友達が、少なくなって来ました。うちの主人は子供が幼稚園を卒業するまでは、母親が働くのに反対だったので、子供が小学校に上がるまでは待っていました。幼稚園のころは、急に熱を出したりして、病気になることも多く、旦那さんとしては、いつも子供を寂しい思いをさせたくないからって言ってました。私もそれには同感だったので、働きたい気持ちを抑えて、待ってました。で、やっと、子供が学校に行くようになったので、私もパートで働こうと思っています。前職が事務職だったので、事務職でないかなと思っていたら、ありました。税理士 名古屋の事務所です。資格に日商簿記2級程度と欠かれていましたが、商業高校で部活が簿記だったので、その資格はもっているし、これは行けそうだぞ!って思ってましたが、先日書類を送った先から、不採用の知らせが来て落ち込んでいます。それで、何で駄目だったのか原因を知りたくてネットで、いろいろ検索してみました。そうしたら、業界での実務経験があると有利ですが、初めてだと若い人ならいいですがある程度年齢がきているとなかなか採用されにくいそうです。ただ、この業界は所長さんの性格でずいぶん違うそうですから、初めてでも、意欲があるところを示せば、無理でもないとアドバイスが書いてありました。まだ一度断わられたぐらいなんてことないんだなって他の人の体験談をみていたら思えるようになりました。単調な伝票お越しと入力作業がおもで、後はお茶汲みや雑用みたいですね。忙しい時はパートでも残業があってそのときはとってもしんどいそうです。

イチゴ狩りを行くことになりました。地元ではもう予約がいっぱいで出来ないと聞いてしょんもりしていたんですが、偶然にも彼氏の仕事仲間のお母さんがイチゴ農園を開いていて、予約なしで参加させてもらえることになりました!なんてラッキー★諦めなくてよかったなあと思いました。値段は千円ぴったし★練乳ミルクorチョコミルクつき。昔いったイチゴ狩りでは練習しかくばっていなかったけど今はチョコもあるんですよね〜。びっくりしました。イチゴチョコって人気ですしね。そのままチューブから舐めてるお子さんが沢山いました!イチゴ狩りのハウスは テント 倉庫で買ったようなとても立派な大きなビニールハウス!こういうのって特殊だから高いんだろうな〜。中に入るとイチゴのあま〜い匂いがハウスいっぱいに充満していました。もう何人かイチゴ狩りを堪能している人がいて、とても楽しそうにしていました。私達もたくさん食べようっと。意気込んだのはいいのですが、あたしは20個でギブアップしてしまいました^^;なんだかいがいにイチゴってお腹がふくれるんですね〜〜。彼氏は50個以上は食べていましたけど!二人で200いこうね!なんて話していたのにこの結果です・・。くそう。元取れてなさ過ぎだって言う。でも美味しいイチゴをお腹いっぱい食べる事が出来て本当によかったです。スーパーなどでは見た事がないくらい大きくてジューシーな甘い甘いとっても美味しいイチゴ達でした。

小学校の頃に突然視力が悪くなり、学校の検診でメガネを使うようにいわれてしまいました。当時はメガネをかけているほうがなんとなくカッコイイというイメージがあったので、嬉しかったのですがつかっているうちに段々邪魔くさくなってきました。絶対に必要と言うわけではなく、見えないときに使うという事だったのでそれ以降はメガネを毎回つけるのはやめました。あれから、数年がたって、車の免許をとる時でした。両目で1あれば大丈夫だという事だったんですが、確かに見えなくは無いのですが不安だったので結局メガネ有りで免許証をとる事になりました。メガネをかけるから視力が落ちるなんて事はありませんからね。しかしメガネはあの小学生の時に作ったきりでもしかすると度数が変わっているかもしれません。なので、今度眼鏡 福井に新しいメガネを買いに行こうと思います。買うというかレンズ交換?というのでしょうか。視力だけもう一度はかって度数をあわせてもらうためです。もしかすると全く変わっていないという事も考えられますがね。使っている限りでは見えづらいなんてことはないんですが念のため検査はした方がいいですよね。眼科なんて滅多にいかないですしこういう機会を逃すとまた何年もいかなくなりそうですから。小学校、中学校のときは強制的に毎年検査をしてもらってたんですが、今は個人で行かなければ検査ができないのでこういったチャンスをうまく活用したいです。

私は離婚暦が有ります。結婚をしたのが今から8年前の話。当時二十歳でした。昔からの夢は素敵なお嫁さんと豪語するほど結婚と言うものに憧れを抱いていました。そのためなら何でもしよう、どんな人でも一生懸命会いそう、家庭を大切にしよう。そう決めて18の時に出逢った彼と2年の交際の果てに結婚をする事が決まりました。結婚生活は順調で結婚してから1年、無事子供も産まれました。二人でかわいいかわいいといいながら色んな人から幸せを分け与えてもらっていました。それから育児に追われる忙しい日々、彼は仕事で重大な役回りを任せられ帰りがいつも遅くなりました。それでも私は全く苦ではありませんでした。だって、好きな人との子供と二人で好きな人の帰りを待てるんですから。幸せな時間じゃないですか。そう思っていたのです。しかし、それは突然起きました。旦那がおかしな行動に出始めたのです。それまでどんなに残業しても12時を回ることはなかったというのに、12時を回っても帰ってこない日が続き、そればかりか早朝に玄関が開くことも・・。おかしいと思いました、しかし大切な家族を疑いなくも無い。そんな日々を葛藤して、ハッキリさせるべく友人に教えられた探偵 岐阜にお願いしてみる事にしました。我ながら何てことをしてしまったんだ、という罪悪感が抜けきれなくてとても後悔をしましたが結果は、黒でした。絶望的で声も出ませんでした。これから私と子供はどうしたらいいのか、このままこの人と生活をしても大丈夫なのか。結局私が出した答えは離婚をする事でした。慰謝料をもらい子供が成人するまで養育費を毎月払ってもらっています。世の中どんな事がおきるかわかりません。まさか自分が離婚をしてしまうなど。離婚が成立した時は、あんなに夢に見ていたお嫁さんと言うものがいかにつらいものかを目の当たりにした瞬間でした。

友達の親戚が探偵さんらしいんですが、こんな強い奥さんがいたという話を聞きました。込み入った詳しい事は、個人情報なので話せないけどというその話に女って怖いなって思いました。探偵にだんなさんが浮気をしているようだから、証拠を押さえてほしいと、そして、相手の女性と一緒にいるところが見つかったら、連絡が欲しいとのことでした。それで、ラブホテルに不倫相手と入っていったことを依頼者の奥さんに電話で連絡をすると、今行きますと、返事も聞かずに電話を切られてしまい、ビックリしていたら、奥さんがとても鬼のような形相できて、たまたま運の悪い?こと不倫相手とターゲットがラブホテルから出てくるところに遭遇したようです。奥さんは、すごい勢いで、旦那さんをばちーんと平手打ちにして、二人の手を取って自分の車に強行連行です。押し込んでどこかに消えていきました。唖然としたのは探偵 静岡事務所の方です。一人取り残されてて、どうしたらいいの?って状態ですよね。本当に唖然ですよね。で、仕方なく事務所に戻ったそうです。早々、あまりの事で、とりあえず証拠の写真を取らないと、仕事の報酬を要求してもらえないといけないからって事で、写真を取ったそうです。で、取れた写真に一番大きく載っていたのは、バチーンとびんたする奥さんの姿と、二人を強制的に連行する奥さんに引っ張られイヤイヤながら車に向かっているターゲットと不倫相手です。

どうしても娘が欲しいといって聞かないものがあるのです。それは特に高いわけでもないしできる事ならばすぐにでも買ってあげたいなという気持ちはあります。しかし実はその娘が欲しがっているものが完全オーダーメイドのものなんですね。頼めばいいのですが、今そこのスタッフさんが一人足を怪我されて仕事をお休みしているらしく、その方が作った作品をうちの子がえらく気に入ってしまってその人が作るものが欲しいといってきかないのです。しかしもしかするのその方はそのままそのお店をやめてしまう可能性があると聞いてどうしたらいいのだろうと悩んでいます。和雑貨で買えるようなものでは代用できないかなとだめもとで聞いてみたらやっぱり首を横にふるだけ。そうですよね、頼んで作ってもらうものと元から売っているものでは全く思い入れも物欲も違ってきますもんね。娘はまだ3歳なので、こうゆう理由だから作れないんだよと説明してもまだあまり理解できないみたいでとても悲しんでいます。どうしようもできない自分がとても歯がゆいのですがこればっかりはどうしようもないですよね。私も力になれないのは可哀想だと思ってせめて和雑貨で可愛いものをチョイスして娘のベッドにプレゼントを置いてあげようと思いました。しかしこんなに小さいのに輪雑貨が好きだなんて珍しいですよね。もしかしたら芸術肌だったりするのかしら?と少し喜んでみたりしたのですが、まだまだ先の事なんて分かりませんよね。

ダイエット関連の通販って女性なら一度くらいは利用したことあるかも。特にテレビショッピングって何であんなに欲しいと思わせるんだろう。実はあれには、毎回、キーワードを連呼するために、確実に刷り込まれるみたいです。最初に見た時は、フーンと思っていても、二回目は、見たことがあるなって思って見て、三回目には、欲しいかもって思って、友達やご近所の話題になったりするんです。そして、必ず商品をとても楽しそうに使っています。イキイキとした表情でこれが人生をより楽しいものにしてくれたぐらいの勢いです。機能をアピールするより、こんな楽しい事が出来るようになったんですよって事をアピールします。パン 通販は有名なベーカリーショップでテレビで取り上げられているものをお店まで来れない人にも届けてくれるので、ありがたいです。一度神戸の美味しいパンに、はまってからは、他にもここのパンは美味しいと聞いて通販で売っていると聞くと、一度買ってみるようになりました。何より子供達が宅配便のパンを楽しみにしています。山崎パンや、パスコもプレミアムパンの通販をやってるんですよ。限定でね。自信があるから、価格は、叫んでしまったぐらい高かったです。スーパーで売っている店頭の食パンとは違います。全然。たかがパンと言っても、その奥深さを知ると、驚きます。そして、本当においしいパンを頂くと、癖のようにまた時間がたつと食べたくなってくるんです。天然酵母で素材にこだわったパンは、食べてみないとその美味しさは言葉では表現しきれません。食パンだって、しっとりとして甘味があって何もつけなくても、十分食べ応えがあるんです。酵母って生き物で、パンが焼きあがっても生きているんですよ。発酵時間は、3.4時間ですが、じっくりと発酵させていくことで、旨みが引き出されていきます。こだわって作っているベーカリーショップでは20時間もかけてパンを作っているそうですよ。価格がちょっと高いのもうなずけます。愛情をこめて作ってあるベーカリーショップのパンは本当においしいですね。

新郎・新婦さんにとって一生の思い出に残る結婚式。披露宴の最後にエンドロールを流すこともまた来客された方にも、素敵な思い出となります。新郎・新婦さんからのメッセージ、来客された皆さんからのメッセージ、新郎・新婦さんの馴れ初めエピソードなど、思い出の写真や音楽と共にスライドショーとして流し、1つ1つ個性のあるものが作れます。新郎・新婦さんからのメッセージ、来客された方々の名前を載せるだけのエンドロールもありますが、来れなかった方からのメッセージ、来られている方からのメッセージを入れることで、皆さんの心に残る結婚式 エンドロールが出来上がります。また作られたエンドロールをCDなどにデータを保存しておくことにより、当日だけでなく一生の思い出を形に残すことができます。結婚式を皆で完成させた1つの作品となるものです。また、直前までの結婚式・披露宴の様子映像をスタッフが編集し流すことも可能であり、新郎・新婦も来客された方々の目線で式の様子をみることもでき、人気をあつめています。最近では、パソコンをお持ちの方も多く、自分たちでアレンジして手作りされる方も多いそうです。世界に1つしかないカップルの最も幸せな時間を残せるものであり、評判もよく嬉しいコメントの多いものです。









 
 
Copyright(C) Important Clock All Rights Reserved.